鳥取県の古物商許可、古物市場主許可、古物競りあっせん業の届出など古物営業の許可のことなら中尾泰雅行政書士事務所にお任せください。
ブログ

許可・届出が必要なとき

ホームページ利用取引の届出が必要ない場合とは

ホームページを利用して古物の取引をする場合には、原則、届出が必要ですが、例外もあります。 どういう場合かというと、URLが無作為に割り当てられ、かつ、そのURLを反復継続して利用することができないものは、URLの届出など …

ホームページのURLの届出で注意すべきこととは

例えば、あなたの知り合いのAさんが、ホームページを使って中古車の販売をしているとしましょう。 それを見たあなたが、そのAさんのホームページを利用させてもらって(つまり相乗りするかたちで)中古車を販売しようとした場合、あな …

質屋に古物営業(1号)許可は必要か?

古物商と似たものに「質屋」というのがありますが、実は大きな違いがあります。 質屋は「質屋営業法」という法律に定められた独自の営業形態で、物品を質に取り金銭を貸し付ける営業です。そして流質期限(りゅうじちきげん)までに貸し …

古物営業 こんな場合には許可が不要

街の電気屋さんが無償で古物を引き取り、これを修理して売る場合には古物商許可(1号営業許可)は必要でしょうか? 古物営業法では、古物の売却のみを行う営業については、古物営業とみなされませんので許可は必要ありません。 この場 …

PAGETOP
Copyright © 古物商許可鳥取代行センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.